記事内上①

猫の行動 猫の鳴声

猫が鳴くときは何かのサイン・鳴き方で意思表示をしている猫の気持ち|猫と共に

投稿日:

皆さんどうも!猫と共にのfsheepといつくです。

猫の鳴き方といえば「ニャー」ですよね。でもその一言には結構いろいろな意味や意思表示が込められているのです。もし愛猫の気持ちを少しでも感じることが出来ればより良いネコライフが送れると思いませんか?

今回は猫の鳴くとき、意思表示についてまとめてみました。

猫の鳴き声・種類

猫が鳴くとき、同じ「ニャー」に感じても実はよく耳を澄まして聞いてみると違いがあります。すでに猫と一緒に暮らしている飼い主さんは聞き分けることが出来ると思いますが結構いろんな鳴き方がありますよね。

・「ニャ~」「ミャ~」

甘えているとき。ゆっくり小さく鳴きます。

・「ニャオ」「ニャ~」

気付いてほしいとき、何かを要求しているとき。目線をこちらにしっかり向けはっきり鳴きます。

・「ニャッ」

あいさつ。短く軽く鳴きます。名前を呼んだときの返事もこの鳴き方が多いです。

・「ニャ~オ」「ミャ~オ」

発情中のとき。大きく長く響き渡る声で鳴きます。

・「シャーツ!」

相手を威嚇しているとき。鋭く長く鳴きます。

・「ゴロゴロ」

嬉しいとき。気分が良いとき。鳴くとは少し違いますが喉を鳴らしている状態です。

 

まだまだ他にも様々な鳴き声がありますが猫はこのように鳴き声のレパートリーが豊富な動物です。是非耳を澄まして聞いてみて下さい。

猫が鳴いているときの状況

猫にも複数の種類がいて同種の猫でも性格の違いがあります。鳴き方が同じでも意味が異なったりするので鳴いたときの状況も大事です。名前を呼んだときに鳴いたのか、遊んでいるとき、じゃれているときに鳴いたのか、どの動作をしているときに鳴いたかにもよるのでよく見て鳴き声を聞いてあげましょう

また、同じ意味の「ニャッ」と返事をする鳴き声でも、気持ちよく鳴くときや面倒臭そうに鳴くときもあります。猫が眠たそうにしているときに飼い主さんが構うと面倒臭く鳴くことが多いです。これがまた可愛いのです。(笑)でも構い過ぎには注意しましょう。

飼育環境によっても鳴き方が変わります。この鳴き方をすれば飼い主さんがエサを出してくれる等、その家での育て方次第で独自に猫は鳴き方の癖を覚えたりもするそうです。ということは愛猫の鳴き方で気持ちを一番分かるのはその猫の飼い主さんなのです。しっかり猫の気持ちを考えて接してみてあげて下さい。

それでも猫は気分やさんなので、何を伝えたいのか分からないときは正直分からないです。(笑)

猫は鳴いて返事するときと鳴かないで返事するときがある

飼い主さんが名前を呼ぶと返事をする猫もいます。相棒のいつくも名前を呼んだら「ニャッ」と鳴いてくれます。飼い主さんとの信頼関係が出来ていればほとんどの猫は鳴いてくれます。

返事の仕方にも種類があります。声ではなく、しっぽで返事をするときもあります。猫がくつろいでいるときに名前を呼ぶとしっぽをゆっくり大きく振ってくれます。飼い主さんを無視している訳ではなく、しっぽで返事をしているのです。これは猫なりの「ちゃんと聞いているよ」という意思表示です。

耳や目で返事をする場合もあります。声は出さずとも耳を動かし「聞いているよ」、目をずっと見つめてきて「何?」と、これも猫にとっては立派な返事になります。

野生の猫同士はあまり鳴かない?

もともと猫は鳴き声でのコミュニケーションの他に目や耳、しっぽ等、体を使って猫同士で意思疎通できる能力が備わっています。これらは天敵から身を守る為に鳴き声だと気付かれやすいので、その他の方法でコンタクトが取れるようにしていったと言われています。家猫もまた、その時の本能が残っており声だけでは無く、しっぽや体で返事をする行動を取るようになっているのです。

野生に比べれば家猫は危険を感じることはあまりないので鳴き声でのコミュニケーションを多く取る傾向にあります。是非愛猫の鳴き声に耳を傾けてあげましょう。

最後に

愛猫の鳴き声は本当に可愛いものですよね。でもその鳴き声はもしかしたら何かに気付いてほしい、主張、要求、訴えである可能性もあります。猫にとっては必死に何かを伝えようとしているのかもしれません。愛猫の訴えに気付き、改善出来るのは飼い主さんだけです。猫の言葉をよく聞いてあげて下さいね。

だからと言って気を張り過ぎたり、構え過ぎたりする必要はありません。ゆっくり猫とコミュニケーションを取っていくことが大事だと僕は思います。猫とコミュニケーションを取っていくうちに、いつの日か猫語で理解し合えるときがくるかもしれませんね。(笑)

レクタングル336×280

レクタングル336×280

Amazonランキング

  • この記事を書いた人

fsheep

【fsheep】●一児の父●年齢:猫でいうと4歳くらい●趣味:猫&娘との戯れ、登山、BBQ、お酒。●動物好きで動物の学校を卒業、動物関係の仕事をしていました。2015年10月のとある夜道、「ニャー」と鳴く相棒に出会う。以降、猫ライフがスタート。【いつく】fsheepに保護された雄猫。和と洋の雑種で灰色のハチワレ猫。いつくと共にいろんな情報等を発信!宜しくお願いします。

-猫の行動, 猫の鳴声
-, , ,

Copyright© 【猫と共に】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.