記事内上①

猫の育て方

猫にとって最適な環境、猫が喜ぶ空間とは・ケージは必要か|猫と共に

投稿日:

皆さんどうも!猫と共にのfsheepといつくです。

今回は猫にとってどのような環境、空間がベストなのか、またケージは必要なのか、それともかわいそう?ストレスが溜まる?についてまとめてみましたので是非ご覧下さい。

猫にとって広い家が良い?狭い空間はストレスを与える?

「猫にとっては戸建ての広い空間が良いに決まっている」「狭い部屋だとストレスが溜まりかわいそう」とか思われがちですが実はそうではありません。猫は慣れます。特に仔猫の内から与えられた空間で育っていけば猫はその中でも自分の落ち着く空間を見つけ出し暮らしていくことが可能です。

広かろうが狭かろうが、その猫にとって退屈にならない場所、自分だけの空間や逃げ場、エサとトイレがあれば猫と共に暮らしていけます。広い空間でもその猫にとっての逃げ場や居場所が無ければストレスは溜まるし、逆に狭い空間でも猫にとって退屈にならない場所、落ち着ける場所があれば適応していきます。

ただし猫が大人、成猫になってから、いきなり今までとガラッと環境が変わってしまうのはストレスを与える可能性もあるのでお勧めは出来ません。

猫にとって良い環境・ベストな空間作り

愛猫が幸せに、あまりストレスを感じることもなく生活していける環境とはどのようにすればいいのか。それは各カテゴリーの空間を用意し、その空間を清潔に保ってあげることです。

・高さのある空間

猫は人より高い位置、場所に居ることで落ち着くことが出来ます。また猫は人を観察することが好きなので高い場所には自ら上がっていきます。キャットタワーや可能であれば壁の高い位置にキャットウォークを設置してあげると猫は喜んで歩くでしょう。

・逃げ場や隠れられる空間

猫にとって逃げ場や隠れることが出来る空間は必要です。何かの拍子に不安や恐怖を感じた際にすぐに避難出来る自分だけのスペースのことです。慣れ親しんだケージやいつもの寝床、布団や箱、ダンボールの中などその猫にとっての逃げ場は様々です。日頃からよく観察してあげ、その場所をチェックしましょう。そしてその場所を極力崩さないようにしてあげましょう。ちなみに相棒のいつくは背の低いテーブルの下か写真のようにダンボールの中が隠れスペースとなっています。(ダンボールを家風に加工しました)

・退屈させない空間

おもちゃを用意してあげましょう。家猫は狩りをすることが無いので運動不足になりやすいのと退屈になりがちです。狩り本能を出させてあげることで退屈しのぎにもなるしストレス発散にもなります。ねずみのおもちゃや猫じゃらし風のおもちゃなど、ちょこまか動くものに興味心身になります。もちろん飼い主さんも一緒に遊んであげましょう。

・エサ、トイレの空間

エサとトイレが一緒の部屋の場合は近づけ過ぎずトイレは風通しが良く、人からあまり見えない場所に設置しましょう。周りが静かで猫が安心して落ち着いていられる場所が良いです。猫にとってトイレはかなりデリケートな空間です。常にチェックし清潔に保ってあげて下さい。猫のトイレに関しての記事はこちら

・爪とぎが出来る空間

猫は爪とぎが必須なので爪とぎが出来る場所を用意してあげましょう。市販の猫用の置き型爪とぎや壁に設置するタイプの爪とぎ、キャットタワーに併設された爪とぎなど様々なので猫の性格や空間に合わせ選別しましょう。爪とぎに関しての記事はこちら

・全ての空間を清潔に

コンセントのコードや小さい物、動く物、音がする物など猫は興味のある物を噛んだり、引っかいたり、とにかくいじります。特に仔猫の内は注意です。場合によってコードはカバーを付け噛めないようにする必要があります。大人になるに連れ、その物がつまらないと感じたら、徐々にいじらなくなり学んだりもします。物によってはずっといじり続けることもあるのでよく観察してみて下さい。ちなみに相棒のいつくはビニールが大好きです。いじるとシャカシャカ音がするのですぐ興奮しかじります。(笑)

 

最低限上記のカテゴリーは用意してあげましょう。仔猫のときからあった方がすぐに馴染め、順応するので家族や猫と相談し環境を整えてあげて下さい。

ケージは必要か・かわいそうか

ケージが猫にとって必要かかわいそうか、これはどちらとも言えます。ケージの利用の仕方やタイミング次第でどちらにも成りえると思われます。

・もともとケージが用意されている環境

仔猫から飼い始めたときにすでにケージがある環境ならその猫はケージに慣れていき、やがてケージが自分の落ち着ける場所、寝床になったりします。ケージに慣れている猫はケージの扉を開放していても自ら入ったりもします。また仔猫の内は何事に対しても興味心身でコードや物をかじったりと危険なことが多いのでよく見ていてあげなければなりません。飼い主さんの事情によっては家に人がいる時間が少なく部屋に放置しておくのは心配という場合もあるかと思います。そういった場合は最初からケージを用意し慣れさせておくことで猫にとっても飼い主さんにとってもメリットはあります。だからといってずっとケージの中に入れ閉め切ってしまうのは猫にストレスを与えるので人がいるときは開放してあげましょう

・途中からケージに入れる環境

猫が大きくなってからケージを用意し入れる行為は猫によっては閉じ込められたと認識しストレスを大きく与える可能性もあるのでお勧めは出来ません。どうしてもと言うなら、大き目のケージで最初は短時間にし徐々に慣れさせる必要があるでしょう。ケージにエサやおやつ、お気に入りのおもちゃなどを入れケージの中に興味を持たせるようにした方が良いかもしれません。かなり根気のいるやり取りになるかと思いますが。猫の為を思うならやはり避けた方が良いかもしれません。

こんなケージがお勧め・ケージの環境

猫用のケージは種類がたくさんあります。どれを選んでいいか迷われる飼い主さんも多いかと思います。ポイントとしては猫が退屈しない、落ち着ける空間です。ケージの中でもある程度運動が出来るように可能な限り広いケージにしてあげて下さい。スペースがあまり確保出来ないのであれば縦長のもので3段以上あるケージがお勧めです。隠れスペースやハンモック、おもちゃなどを入れてあげると猫が安心します。

猫を長時間ケージに入れておくのは好ましくありませんが猫を安心させる為、脱水症状にさせない為にもエサ、飲み水、トイレも設置してあげましょう。ケージの中で興奮して暴れる可能性もあるのでエサや飲み水はこぼれ難い仕組みのものにした方が良いです。

ケージを設置する場所は《暑過ぎず寒過ぎず》です。猫は家の中を自由に行き来し、自分で暖かい場所や涼しい場所を探し出せるのである程度の寒暖には対応出来る動物ですがケージの中に居ては自分で移動すら出来ないので注意が必要です。直射日光や風が当たる場所は避けましょう。

最後に

ご存知の通り猫は気分やです。自由奔放な生き物です。出来ればケージに入れる時間は少なくし家の中を自由に動けるようにしてあげて下さい

また、家の中だからといっても決して安全ではありません。食品、小物、雑貨、植物などなど猫にとって有害な物が中にはあるかもしれません。今一度確認してみて下さい。

猫と共に長く暮らしていけるよう常に猫のことを考えてあげましょう!

「ココが一番落ち着くニャ」

レクタングル336×280

レクタングル336×280

Amazonランキング

  • この記事を書いた人

fsheep

【fsheep】●一児の父●年齢:猫でいうと4歳くらい●趣味:猫&娘との戯れ、登山、BBQ、お酒。●動物好きで動物の学校を卒業、動物関係の仕事をしていました。2015年10月のとある夜道、「ニャー」と鳴く相棒に出会う。以降、猫ライフがスタート。【いつく】fsheepに保護された雄猫。和と洋の雑種で灰色のハチワレ猫。いつくと共にいろんな情報等を発信!宜しくお願いします。

-猫の育て方
-, , , , ,

Copyright© 【猫と共に】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.