記事内上①

猫と共に暮らす

猫と赤ちゃんの暮らし・猫は人間の赤ちゃんに嫉妬する|猫と共に

投稿日:

皆さんどうも!猫と共にのfsheepといつくです。

猫と赤ちゃんの暮らし第三弾です。今回は愛猫いつくが人間の赤ちゃんと暮らし始めてからの様子とその後の変化をまとめてみました。もしかして猫は人間の赤ちゃんに嫉妬する?猫が赤ちゃんに猫パンチ!過剰に甘えるようになったいつく。猫の変化が絶えない今日この頃。

赤ちゃんがやってきて一ヶ月

赤ちゃんが我家にやってきてから約一ヶ月が経過しました。(前回のお話:猫と赤ちゃん第二弾はこちら
謎の距離感2mを崩し、もう赤ちゃんを避けることはしなくなったいつくです。いつくも少しは成長したみたいです。

他の人間、動物、物にはすぐ飛びつくいつく。偉いところは赤ちゃんだと認識しガツガツいかないことです。認識?いや、もしかしたらまだ赤ちゃんを恐れていて本当はがっつきたいけど行くにいけない感じなのか?

だがしかし、赤ちゃんが気になってしょうがない模様。僕達家族の目を盗んで優しくそっと猫の手でちょこんと触っています(笑)。

嫉妬している?

いつくが赤ちゃんに慣れてきて少し接するようになってきた頃、いつくに別の変化がありました。

今まで以上にかまってアピールが増してきたのです。特に赤ちゃんと家族の誰かが戯れているといつくが鳴き始めたり、過剰ににマーキングをしてきたり、行く先々に付いてきたりとまるで嫉妬しているかのように。。。嫉妬?まさか猫が赤ちゃんに嫉妬している?断定はできませんが家族の中では嫉妬していると決め付けています(笑)。

嫉妬中のいつくに名前を呼んであげると嬉しそうに返事をしてくれます。しかもほぼ100%。待ってましたと言わんばかりに「ニャニャ」と返事をしながら駆け寄ってきます。このときばかりはどれだけ体を撫でても嫌がる気配が一切しません!撫で放題です!(笑)

嫉妬からの猫パンチ

嫉妬しているということは赤ちゃんに対し攻撃をする可能性もあったので一緒の部屋に居るときは目を離せません。嫉妬心とは怖いものです。

やっぱりやりましたさ。この猫やりおった。ちょっと目を離した隙に、

必殺猫パンチ!

赤ちゃんが寝ているときを狙い、赤ちゃんの足元に素早い連続猫パンチをかましてました。焦ってすぐ見に行くと赤ちゃんはスヤスヤZzz。ノーダメージでした。ここでも相手が赤ちゃんだと分かっているのか爪は立てずにいたのです。優しいんだか何だか(笑)。特に怒りはしませんでしたが、その分いつくの相手をしてあげました。

いつく、君はお兄さんなんだよ。

やっぱり泣き声は苦手

そんな嫉妬心むき出しのいつくですが、赤ちゃんが大泣きした途端逃げます。ちょっとの泣き声には見向きもしませんがやっぱり高くて大きな泣き声は苦手みたいです。逃げるときは「また始まったよ、ちぇっ」と感じさせるシュールな背中を見せながらゆっくりと退散するのです。

でも皆の居る場所にはいたいみたいで赤ちゃんが泣き止むとすぐ戻ってきます。何事も無かったかのように(笑)。この流れが続くといつくも分かってきたのか、赤ちゃんがぐずり始めると泣く前に退散モードに入り構えることが多々あります。さすが猫です。感知能力は抜群です。

最後に

赤ちゃんと出会ってまだ一ヶ月くらいですがいつくの変化は絶えません。拒否からの慣れ→慣れからの嫉妬、というように赤ちゃんとの生活にいつくの意外な反応が見れました。また、家族のいつくに対する大切さが増したようにも感じました。でもまさか人間の赤ちゃんに嫉妬するなんて、やっぱり猫は可愛いもんです。これから先もまだまだ共同生活は続きます。兄弟みたいに仲良くなれるよう、いつの日かじゃれ合う姿が見れることを楽しみにしたいと思います。今回はこのあたりで。また変化がありましたら続きを更新します!ではでは

レクタングル336×280

レクタングル336×280

Amazonランキング

  • この記事を書いた人

fsheep

【fsheep】●一児の父●年齢:猫でいうと4歳くらい●趣味:猫&娘との戯れ、登山、BBQ、お酒。●動物好きで動物の学校を卒業、動物関係の仕事をしていました。2015年10月のとある夜道、「ニャー」と鳴く相棒に出会う。以降、猫ライフがスタート。【いつく】fsheepに保護された雄猫。和と洋の雑種で灰色のハチワレ猫。いつくと共にいろんな情報等を発信!宜しくお願いします。

-猫と共に暮らす
-, , , , ,

Copyright© 【猫と共に】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.